ネット証券情報の後悔しないために知っておきたい事

投資開始のための準備について

株式投資や投資信託を始めようと思ったら、まず準備が必要です。準備といってもそんなに大変なものではなく、投資をやるためのインターネット環境とお金を振り込むための銀行口座、そして実際の売買をする証券口座を開設するだけでOKです。

このうちで、インターネット環境は整備されているはずですから、銀行口座と証券口座を用意すれば良いことになります。銀行口座はすでにお手持ちのもので大丈夫ですが、インターネットバンキングができる銀行がオススメです。特に、証券口座を開いた後に即時入金サービスに対応しているところだと入金のコストもかからず、すぐに投資を開始できるメリットがあります。

大手のネット証券なら、主要なメガバンクと対応しているので、そうした意味ではネット証券であればどこでも良いということになります。しかし、個々人の投資スタイルなどによって持つべきネット証券は変わってくるので、口コミなどを参考に自分に合った証券会社に口座を開く必要があります。

初心者で、いろいろな選択の幅を残しておきたい人には、大手ネット証券がオススメできるかと思います。やはり、後から株式投資だけでなく投資信託や海外ETFをやってみたいと思っても、証券会社が金融商品を取り扱っていなければすぐに開始することができません。今はネット証券一社だけでかなりの商品を取り扱っているので総合的に取り扱い商品数の多いSBI証券や楽天証券などを開設しておけばひとまず安心かと思います。

ただし、最初に口座を開設した証券会社に固執することはありません。もし今以上にサービスの良い証券会社が出てきたら投資信託などを移管させることもできます。少し手間はかかりますが、証券口座のお引っ越しというのも可能です。それに口座開設するだけなら、ネット証券の場合手数料がかからないことも多いので、複数開設しておくのも一つの手です。口座管理が大変ですが、個人投資家の中には、投資先別に使い分けている人もいます。