ネット証券情報の後悔しないために知っておきたい事

手数料でネット証券を比較する

ネット証券会社を使って株の取引をする場合、まずは自分がどのような株取引をするか、その取引方法をしっかり想定しなければなりません。 1日中ずっと同じ場所にいるような仕事をしているのであれば、パソコンで取引をするのがベストです。

外回りの営業が多い人などは、携帯電話やスマートフォンでの取引がメインとなるでしょう。 市場は気になるがネットは苦手という人は、電話での取引がおすすめです。

そして、中長期的に株式を保有する予定の方は、じっくりと窓口取引というのもいいですね。 このようにして、まずは自分にとってベストな取引方法に対応しているネット証券を選びます。

その作業が終了したら、次に行うべき作業は、手数料を比較することです。 手数料の高い安井によって、得をするはずなのに損をしてしまう、あるいはその逆といったこともよくあります。 もちろん、手数料が安いことに越したことはありません。 ただし、安いには安いなりの理由があります。 それは、基本的に余計なサービスは付かないということです。 全て自己責任において売買注文を行うというのです。

それより少し手数料が高いという場合でも、自動売買注文ができるという、手間を省いたサービスがついてくる場合があります。 例えば、「逆指値」ができるネット証券というのがあります。 逆指値というのは、ある程度の価格まで値上がりしたら、その株に対する買い注文を出すというものです。

それよりさらに手数料が高いという場合、それはリアルな店舗も持っている証券会社というケースが多いです。 売買手数料だけでなく、口座開設や口座維持にも手数料がかかる場合があります。 ただし、そういった証券会社には当然ながら、プロの証券マンが在籍をしており、プロならではの情報を持っていたり、分析力に長けていたりします。 特に株取引を始めたばかりのころは、何がなんやら分からないという場合も多いでしょう。 そんなときには、授業料と思って少し高い手数料を払うのもいいかもしれません。