ネット証券情報の後悔しないために知っておきたい事

ネット証券を比較してみる

ネット証券の会社は数多く、どのネット証券がどう違うのかどうか分かり辛い方も多いと思います。インターネットで調べてみると、手数料の違いが分かりやすく見ることができます。手数料は、その日の内に何回取引しても変わらない一日定額のものや、一回毎の取引で手数料がかかる取引単位の物があるようです。これは、一日にどれだけ取引をするかによって、一日定額と取引単位では手数料の額が大きく違ってくるのでよく考えたいです。また、ネット証券の会社によって、扱う商品が株や信用取引だったりREITだったり、違うようです。自分がどのような取引を目的しているかを考えてネット証券の会社を選ぶようにした方が良いと思います(参考サイト「初心者向けの優しい株式講座」)。

ネット証券で株式の取引を行うと、テレビの情報番組や街の証券会社の掲示板では表示されない自分の気になる銘柄をすぐ検索することができます。また、市場が開いている時に、この株をいくらで何株売ろうとしているか、何株買おうとしているかという気配の表も簡単に見ることができて、自分が株を売り買いする場合の参考になります。

株を売買する際に、この株がいくらになった時に買う・売るなどの指値注文することや、現在の市場の値段で買う・売るの成り行きで注文することなどが選べます。それで、購入した時点より株価が上がればそれだけ利益が出たことになります。

証券の取引で利益が出た場合、利益に税金がかかります。これも、一つ一つ算出していると手間なのですが、ネット証券で税分を利益から差し引きして、おさめてくれるところもあります。特定口座を開設して、自動的に納税するような設定を行うと、ネット証券の側で計算して納税してくれるようです。

リーマンショックの後、長い間、景気が冷え込んで株価が低迷していましたが、去年から政権が代わって、少しずつ株価が上昇しているようです。一度不安定な時期もありましたが東京オリンピックの開催が決定したり、実際に景気が少しずつ上向いてきていることで株価も上がってきているので、株の取引きが増えて、ネット証券の業績も非常によくなってきているようです。